経費立替の領収書処理

仕事を受注して移動したりすると交通費などが発生します。先に現金で清算してもらいたいと思いますが、相手側の処理が面倒になるので避けたほうがいいですね。いちばん良いのは、請求書に含んで外注費での一括処理です。

請求書に交通費(ガソリン代・高速代)を明記してもらえば、請求された金額すべてが外注費となって処理できます。立替え勘定を起こすと、仕訳や振替がその分だけ大変になります。外注費できちんと処理できれば、良く分かっているという好印象です。

この場合、領収書の原本は請求する側が経費処理する場合に必要ですから、請求された交通費が間違いないか確認用にコピーを用意します。たまに原本を要求する人がいますが、勘違いですね。

支払われた代金については、立替え費用と売掛金回収として振替処理します。たとえば、交通費とか駐車場代として必要経費にします。ひとつの作業にかかった経費は、まとめて処理したほうが分かりやすいし、無駄な手間もかかりません。ちょっとしたことでも仕事を効率化していくことが大切です。