移転の効果

長野市の中央タクシーは後発組ながら、顧客重視の理念経営によって地域No.1の業績を挙げている会社です。本社を2002年に長野市街地から人里離れた場所に移転されました。土地が安いのは当然ですが、他にどんなメリットがあったと思われますか。

井戸水で洗車して、水道代はタダになった。

600坪の土地を180万円で購入したそうです。タダ同然の値段です。固定資産税だけではなく、車を使うご商売の場合は、車をキレイにしておくための費用も大きなコストになってきます。宇都宮司社長は「どんなに立派な建物をつくってもタクシーの場合、本社家屋は生産性ゼロ。全く稼がない」と言われ、徹底的なお客様志向をされています。

もし本社や工場を移転するとしたら、どんなランニング・コストが下がると効果的でしょうか。コストから移転場所を発想してみましょう。