パレートの法則

ブランド品のリサイクルショップとして有名なコメ兵では、たとえば100個の中古ブランドバッグを販売するとしたら、2週間以内に売れる数を20個ぐらいにするというルールになっています。20個売れる位を適正価格とするのには、どんな理由があると思いますか。

店頭の在庫がすぐに無くならないようにしている。

中古品の場合、いつどれだけ商品を確保できるか計画が立ちにくいものです。すぐに売り切れるような価格では、お店の品揃えが貧弱になりますし、逆に価格が高すぎて何ヶ月も売れ残るようでは利益になりません。そこでコメ兵では創業時から80対20の法則を設け、買い取りや販売の基準にしておられます。

80対20の法則、別名パレートの法則とも言いますが、自社の中ではどんな事例に当てはまっていますか。