道具選び

GoodDesignにも選ばれた照明器具STROKEを開発し、ひとり家電メーカーとして話題になったビーサイズの八木社長は、資金をかけず設計するための環境が整ったので独立したと語られています。それは何だと思いますか。

無料で使える設計ソフト。

設計にはCAD(コンピュータ設計支援システム)を利用しますが、2000年当時には1000万円したソフトが、無料でダウンロードして使えるソフトを利用されています。試作には16万円(2013年時点)の3Dプリンターを使って検証した後、金属加工メーカーで量産化をされています。電子部品は専門商社から購入。電子基板設計も無料ソフトを使って、インターネットで発注できる製造サービスを使えば1週間後に納品されるそうです。いろいろな協力会社を見つけることで、個人でも製品を作ることが可能になったと八木社長は語られています。

仕事の効率を上げるためにはどんなツールがあると便利なのか、探してみましょう。