繁盛しない儲け方

圧倒的な安さで有名なベビー用品業界No.1の西松屋では、徹底的なコストダウンを図ることで繁盛しない方が良いという戦略をとっています。1店舗当たりの1日の平均客数は何人だと思いますか。

約170人(2013年現在)

1時間で計算すると17人程度のお客様で儲かる仕組みになっています。あえてガラガラにすると、子供が寝ていても回りやすいし、レジも並ばなくて済むというメリットも生まれます。またマネキンやワゴン販売をやめることでベビーカーも通りやすくなり、人手も少なく済んでいます。工場で作られた商品はハンガーにかかった状態で納品されるのでポールを使って陳列するだけで手間がかかりません。西松屋では一人の店長が複数店舗の店長を兼ねることも一般的に行われています。

安さと利用しやすさを追及していくとしたら、もっと単純化できるところはないか、意見を聞いてみましょう。