中国の笑い

2010年11月20日の第169回研究会は、中国語コミュニケーション協会代表の相原茂氏による『笑う中国人 ~中国の笑いとユーモア~』でした。英語で漢字のことをChinese characterと言うと知った時に、不思議な感覚になった思い出があります。中国は世界的に見ても古い歴史と文化を持つ国です。歴史の長さは、どちらかと言えばちょっと辛辣な笑いを生むような印象を受けました。それでも「金がある時ない時」という切り口は、酒場を盛り上げて定番ネタになりそうです。

「道に痰を吐いたから、5元の罰金」
「10元しかないから、釣りをくれ」
「釣りがない?
じゃあ、もう一度、痰を吐け」

アダムとイブが広東人だったら
我々は天国にいただろう。
広東人ならリンゴではなく蛇を食べるから。

李鵬首相を倒せと言ったら2年の刑。
李鵬首相はアホだと言ったら15年の刑。
それは何故か。
国家の機密をもらしたからだ。

ゼネコンがプロジェクトを受注するのに役人に賄賂を渡そうとしたが、
受け取らないので、車を10円でお売りしますと言ったら、
それなら2台くれと言われた。

お金があるときには豚を買う。
お金がないときには犬を買う。

お金がないときには道で自転車をこぐ。
お金があるときには居間で自転車をこぐ。

お金がないときには結婚したいと思う。
お金があるときには離婚したいと思う。

お金がないときには女房が秘書を兼ねる。
お金があるときには秘書が女房を兼ねる。

羽根が生えたら何をする?
すぐ病院にいく。

誰を写したか分からない写真は?
レントゲン。

逆立ちすると半分増えるもの?
6。

ドラキュラが果汁や野菜汁を飲まないのは何故?
十の字があるから。

バーの女の手を握ると、ドキドキする。
愛人の手を握ると、苦労を思い出させる。
女房の手を握ると、自分の右手で左手を握っているようだ。

すごく並んでいるあのパビリオンは?
トイレです。